« 単勝予想(日曜) | トップページ | 単勝予想(土曜) »

秋の日差しを受けながら

Tokyo10台風一過の晴天と3連休中日と言うことで、朝から開幕週の府中へ行って参りました。南門(皆さんには馴染みが無いかもしれません)から入場すると、こんなものを手渡されました。(実際には紙のケースに入れられています)
Tokyo11 レーシングプログラムを開くと、表紙の裏には懐かしい名前が… 特定の馬に入れ込むことは無いのですが、この馬とレガシーワールドだけは心に残っています。秋の開催週の毎日王冠と最終週のジャパンカップは、私にとって特別なレースです。
Tokyo05 馬場近くへ行くと、折からの強風と強い日差しに、生え揃った芝生がキラキラと輝いていました。余りにも美しかったので写真を撮りましたが、私の腕前とカメラではお伝えすることは難しいようです。(^^;;
Tokyo01 新しく出来たターフビジョンですが、厄介な問題が… 普段観戦している馬場内の発券所から決勝線の方向を見た写真です。建物の向こうに見える、白っぽい壁がターフビジョンの裏側です。ここからだと何とか芝コースの決勝線は見えるのですが、ダートの決勝線は完全に隠れてしまっています。第1レース前とは言え人っ子一人見えないのは、このためでしょうか。(^^;;
Tokyo07 1コーナー方向から見ると、こんな感じです。まぁ確かに、発券所からの観戦だと決勝線を斜め後から見ることになりますので元々見づらかったのですが、全く見えないのは残念です。先陣争いから4コーナーでの仕掛具合や直線の坂の攻防まで、ターフビジョンの映像では実感できない競馬の醍醐味が味わえる場所なんですがねぇ。
一方、映し出される映像は良かったですょ。物の輪郭が非常にクッキリとしていますし、かなり輝度が高い映像で、殆どの場面で逆光でも良く見えました。(さすがに当日の強い日差しの中では、待避所の暗い映像は見えませんでした。)レース中は左1面分で先頭付近を、右2面分でもう少し引いた映像を映していました。
Tokyo04 以前から2400mと2500mのスタート地点の間にあったターフビジョンの裏側は、こんな風になっていました。1着から3着の着順掲示板が、いつの間にか無くなっています。う、うーむ。
Tokyo08 裏と言えば、新しいターフビジョンの裏側には漫画が描かれていました。ピンボケで申し訳ありません。(^^;; エンジンや歯車、サスペンションなどで作られた、機械の馬がレースを行っていますね。一番前の騎手は乗れてる感じですが、それ以外の騎手は殆ど落馬寸前です。(笑)
Tokyo09 肝心の馬券の方ですが、京都大賞典でスイープトウショウが復活してくれたお陰で3連単が取れ、プラス収支で終わることができました。これがその時の単複応援馬券です… と言いたいところですが、その馬券は即座に払戻機に吸い込まれました。(笑) と言う事で当日の応援馬券のうち、最も大敗した馬の馬券を記念にアップロードします。(^^;; 発売開始記念とのことで、薄っすらとターフィー君が印刷されています。私は馬場内A棟で購入しましたが、あまり買っている人はいなかったようです。A棟では南側左端の2台が専用発券機となっていますので、10月15日の期間内なら購入可能と思います。

収支は兎も角として当日最も嬉しかったのは、何も情報が無かった障害レースを、パドックを見て的中できたことです。良く見えたのは10番クーカイ、5番フリースタイル、11番エイユーフォーラムですが、1頭だけ他の馬とは感じの違って見えた1番マイネルシルバートを加えて、4頭BOXで馬単を購入。結果は5番、10番、9番、11番、1番の順でした。馬単の払戻は丁度1200円でしたので、お財布には関係なかったのですがね。(笑) 良い一日でした。

« 単勝予想(日曜) | トップページ | 単勝予想(土曜) »

雑談」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

競馬を楽しもう